富士フイルムメディカル様に聞く
手書き報告書をタブレットPCに移行!
フィールドサービス業務のDX化を内製化で実現

Salesforce
oproarts
モバイル
電子契約

第29回のユーザー事例セミナーは富士フイルムメディカル株式会社様をお迎えして、同社のフィールドサービス業務におけるDX化の成功事例をご紹介いただきます。

同社は富士フイルムグループとして医療システムや医療機器の販売とサービスを全国展開している企業です。医療現場は昼夜問わず稼働しているため、365日24時間のリモートメンテナンスとコンタクトセンター、現地サービスセンターが連携しお客様が安心して利用される環境を提供しています。一方、医療現場ではアナログからIT化への移行が進んでおり、同社でも一部属人化していた業務をよりハイレベルなプロセスに刷新すべく業務改革を行いました。

業務のDXにあたり「電子化」「入力工数の削減」「電子サイン」「手書きのあり方」など、どのように解決したのでしょうか?本セミナーでは、どのような企業も課題に上がるポイントを、経験談を踏まえインタビュー形式でお話しいただきます

みなさまのご視聴を心よりお待ちしております。

本セミナーは以下の方を対象としています

  • 製造業、建設業、不動産業の企業様
  • フィールドサービスを行っている企業様
  • 帳票の電子化や帳票業務のDX化を推進している企業様

こんな課題を持たれているお客様向けのセミナーです!!

  • フィールドサービスの報告業務を迅速に行いたい
  • 報告結果を管理しやすくしたい
  • 業務システムのDX化を内製化したい
  • 業務システムのDX化を推進したいが何から始めれば良いかわからない
  • CRM/SFAや電子署名などの複数のシステムを連携して活用したい

開催概要

日時: 2022.05.27(金)14:00〜14:30(13:50よりオープンします)

主催: 株式会社オプロ

会場情報: オンライン
※お申込みいただいた方へ、別途ミーティングURLをお送りします。

参加費: 無料

お申込時の注意事項: ※フリーメールアドレスでのお申込みはできません。
※競合他社の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

登壇者

上戸 寛 氏
上戸 寛 氏
富士フイルムメディカル株式会社
サービス&サポート事業本部 テクニカルサポート部 部付次長
浮田 聡介
浮田 聡介
株式会社オプロ
マーケティング部 シニアディレクター

お申し込み

個人情報の取扱いについて(オプロ)

TOP